チーフ・データ・オフィサー

読み方 : ちーふ・でーた・おふぃさー

英語正式表記 : Chief Data Officer

チーフ・データ・オフィサーとは

企業が扱うデータを管理する部隊の最高責任者。ビッグデータ時代になり、これまで以上にデータが重要な経営資産になってきたことから、品質管理の責任者を置くことの重要性が叫ばれている。

ビッグデータ分析の対象は、マーケティングだけでなく、商品企画や生産、販売、保守サポートなどへと拡大している。大量かつ多種多様なデータを扱うようになってきただけに、データの「品質」を高めることの重要性も増している。

データが重複していたり、必要なデータが不足していたりすると、それらを分析したところで、信頼できる結果を得ることはできない。企業の課題解決につながるようなデータ分析を実践するには、データの精度を高めることが求められる。

そのためには、データベースの中から、誤りや重複を見つけ出し、異質なデータを除去・整理する「データクレンジング」を実施しなければならない。企業がデータ分析システムを構築する場合、全体の8割がデータクレンジングの作業に費やされる、といわれている。

役割:段階に応じて役割が変化

チーフ・データ・オフィサー(CDO)の役割は大きく3つある。1つめはデータが重複していたり、必要なデータが不足していたりすることがないように、業務プロセスやITシステムを整備することだ。利用部門が決めたデータ活用の目的を踏まえて、データ入力の手順やバッチ処理の頻度などを決めなければならない。

2つめがデータクレンジング。必要なデータが手元になければ、外部から新たにデータを集めるか、統計学の手法を用いるなどして、データの不足を補う必要がある。従来からデータ活用を前提に、膨大な情報を収集・管理している企業は一部にとどまる。だからこそ、データクレンジングは“地味”な仕事だが、CDOの重要な役割といえる。3つめが、あらかじめ決めたデータの収集・管理手順が守られるように、PDCA(計画・実行・検証・改善)サイクルを回すことである。

こうした3つの役割を果たすためには、コスト管理能力やITスキル、利用部門との対話能力が求められる。目的が曖昧なままビッグデータの収集・管理を進めると、莫大なコストがかかる。CDOにはデータ収集・管理の対象範囲を定め、投資を最適化する力が欠かせない。

CDOは、データベースやデータ分析、ストレージ、クラウドサービスなどデータ分析システムの構築に必要な分野に関する最新のIT動向も把握しておかねばならない。

動向:米国企業が先行

CDOを配置している企業の代表は米ヤフーだ。日本企業でCDOを置いているところは今のところほとんどないが、今後はCDOやそれに相当する職務を置く国内企業が増えるとみられている。

アクセンチュアで国内のデータ分析事業を統括する工藤卓哉シニア・プリンシパルは、「データ分析に取り組むうえで、データの品質はとても重要だ。データ分析しようという際、必要なデータが不十分だったり、誤りが多いことで、多くの企業が悩んでいる。こうした状況を打開するためにも、CDOのような人材は必要だ」と指摘する。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2014年 8月 7日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内