Chromium OS

読み方 : くろみうむおーえす

Chromium OSとは

米Googleがネットブック向けに実装するOS「Chrome OS」のオープンソース版。同社のWebブラウザ「Chromeium Browser」(製品版の名称は「Google Chrome」)の利用に特化していることが特徴である。ログイン後の画面には、Chromeがディスプレイ一杯に表示される。ローカルには基本的にWebブラウザ以外のアプリケーションをインストールできない。代わりにメール・サービスの「Gmail」やスケジュール管理の「Google Calendar」、文書管理の「Google docs」といったオンライン上のサービスを利用することを想定している。

2009年7月に取り組みが明らかになり、同年11月にオープンソース・コードが公開された。Ubuntuがベースになっている。パッケージ管理もdeb形式である。Ubuntuに比べると、対象機器をx86系またはARM系プロセッサを搭載したパソコンに限定し、用途もWebアクセスに特化して不要なパッケージを大幅に削ってある。一方、ログイン画面やウインドウ・システムなど独自の専用パッケージを追加してある。処理性能の低いロー・スペックのパソコンでも高速に動作させることができる。

実装するWebブラウザのChromeium Browserは、Chromium OSに特化した仕様になっている。一目で分かる違いは、表示される情報だ。Chromeium Browserの右上には、時刻やバッテリー残量のインジケータ、ネットワーク接続のステータスなどが表示されている。これから分かるように、GNOMEなどのデスクトップが備える機能を、Webブラウザで実装しているわけである。Chromium OS起動直後にブラウザがディスプレイ一杯に表示されるのは、ブラウザそのものがデスクトップの位置づけにあるためである。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 4月15日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内