chroot

読み方 : しーえっちるーと

英語正式表記 : chroot

chrootとは

LinuxなどのUNIX系OSでルートディレクトリを変更する操作。

UNIX系OSでは、「ルート(/)」と呼ばれるディレクトリを起点にしたツリー構造でファイルシステムや各種デバイスを管理している。chrootにより、この起点となるルートディレクトリが変更され、それ以下にしかアクセスできなくなる。

chrootは、ソフトウエア開発時のテスト環境や、特権を分離することによる保護などに利用される。

端末上からchrootするには、少なくとも変更先のディレクトリ内にシェルが起動できる環境が必要だ。その環境を用意し、スーパーユーザー権限で引数に変更先のディレクトリを指定して「chroot」コマンドを実行する。すると、chrootのシステムコールが発行され、ルートディレクトリが切り替わる。

このルートディレクトリは、そのシェル上で実行されるプロセスに適用される。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年12月15日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介