CIO

読み方 : しーあいおー

英語正式表記 : Chief Information Officer

CIOとは

企業の経営戦略を実現するためのIT戦略を企画・立案し、それを実行する最高意思決定者。Chief Information Officerの略で、「最高情報責任者」や「情報システム担当役員」など様々な訳語が存在する。CIOというコンセプトは米国で1980年代後半ごろに提唱された。日本でもCIOを置く会社が増えている。

CIOが果たすべき主な役割とスキルは、大きく六つ挙げられる。(1)ITトレンドの把握、(2)説明責任(アカウンタビリティ)、(3)投資コントロール、(4)戦略立案、(5)システム部門の地位向上、(6)システム部門の業務改革、である。

「CIOは、必ずしもITの専門知識を持たなくてもよい」との見方もあるが、ITの動向に無関心では務まらない。CIOは大まかな技術や製品の動向、ITベンダーの動きを把握しなければならない。CIOは、社長や他の経営陣に対して情報化プロジェクトの目的や進捗状況、結果を説明する責任を持つ。米国企業のCIOは、自分の役割としてまず説明責任を挙げることが多い。情報化投資をコントロールするのも、CIOの重要な責務だ。経営戦略をかんがみて、会社全体のITコストを管理し、投資案件に優先順位をつける。その際には、会社やグループ全体にとって最適な情報化戦略を中長期的な視点から立案する能力が求められる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介