CORBA

読み方 : こるば

英語正式表記 : Common Object Request Broker Architecture

CORBAとは

Common Object Request Broker Architecture の略。「コーバ」とも呼ばれる。さまざまなプラットフォームでの分散処理の連携を実現するための基本仕様のこと。

CORBAの役割を簡単にいうと「クライアントが、ネットワーク上に存在するオブジェクト(分散オブジェクト)を呼び出すための基盤を提供する」こと。CORBAに対応したコンポーネント同士は、プログラミング言語やOSの違いによらず通信できることが特長である。このほか、CORBAを利用するメリットとしては、以下のような点が挙げられる。
(1)コンピューター資源を多くの人が共有できる
(2)処理の実行を最適なマシンに割り当てられる
(3)処理の負荷を多くのコンピューターに分散できる

OMG(Object Management Group)により、1991年にバージョン1.0の仕様が策定された後、数々のバージョンアップを重ね、1999年11月にCORBA 3(3.0)が策定された。CORBA 3では、新たにコンポーネントモデルが追加され、コンポーネント(ソフト部品)を組み合わせてシステム開発ができるようになった。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介