CORBA

読み方 : こるば

英語正式表記 : Common Object Request Broker Architecture

CORBAとは

Common Object Request Broker Architectureの略。オブジェクト指向技術を使って、ネットワークに接続したマシン上のアプリケーションを連携させるための標準仕様のこと。

アプリケーションレベルの通信プロトコルを標準化しているため、異なるOSで動作するアプリケーション間で通信が可能。手続き型プログラミングでの「プロシジャコール」に相当する、オブジェクト指向技術での代表格とも言える存在で、オブジェクト指向技術の標準化団体、米OMG(Object Management Group)が仕様を策定している。

CORBAではオブジェクト間のメッセージのやり取りを、ORB(Object Request Broker)と呼ぶ機能が管理する。オブジェクトはORBを介してメッセージを送受信したり、処理結果を返す。ORBがオブジェクトの物理的な位置や名称を管理するので、オブジェクトはメッセージの送り先のオブジェクトがどこにあるかを指定しないで済む。セキュリティやトランザクション処理、排他制御、オブジェクトの削除や移動などのサービス機能も提供する。

1999年11月に策定されたCORBA 3(3.0)では、新たにコンポーネントモデルを追加。これにより、コンポーネント(ソフト部品)を組み合わせてシステムを開発できるようになった。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介