Coreプロセッサー

読み方 : こあぷろせっさー

Coreプロセッサーとは

半導体メーカーの「Intel」が開発するハイエンドPC向けのCPU(中央演算処理装置)ラインナップの総称。2006年1月6日に発売された32ビットのデュアルコアまたはシングルコアのx86マイクロプロセッサを指す。

2008年の第1世代からアップデートし、「Core i3」「Core i5」「Core i7」「Core i9」の4ラインアップで構成され、最新版は第8世代。第8世代の開発コードネームは「Coffee Lake-S」で第7世代は「Kabylake」。第7世代との変更点はコア数の増加によるマルチタスクの最適化である。また、プロセスルールをさらに改良し14++nmに進化、高クロックでありながら低電圧を実現している。

第8世代のCoreプロセッサーの特長は以下の4つ。
(1)卓越したプラットフォーム・パフォーマンス、最大6コアまで処理能力を強化
(2)驚異的なVR体験、高度なゲーム体験、ウルトラHDのエンターテインメント
(3)対応セキュリティ・ソフトウェアの保護を強化するハードウェア・レベルのテクノロジー
(4)あらゆるデスクトップ体験ニーズに対応する豊富なプロセッサーのポートフォリオ

Intel Coreは、AppleのiMac、Mac mini、MacBook Proなどのプロセッサーにも採用されている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介