データディクショナリ

読み方 : でーたでぃくしょなり

データディクショナリとは

情報システムで使うデータの種類、名称、意味、所在、データ型をまとめたデータ辞書。情報システムのデータベースの整合性や一貫性を保つ重要な役割がある。

複雑な情報システムを開発し、繰り返し修正や機能追加など行うと、すでに存在するデータを異なる名称で重複登録したり、違う種類のデータに同じ名称を付けたりする問題が発生する可能性がある。データディクショナリを作成すると、このような問題を回避することができる。

データディクショナリは、情報システムが扱うすべてのデータを、人間が理解できる標準的な方式で定義して記述しているため、エンドユーザーから開発チーム、アプリケーション設計者、データベース管理者のすべての人で共有できる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介