deb

読み方 : でぶ

英語正式表記 : deb

debとは

Debian GNU/LinuxやUbuntuなどのDebian系ディストリビューションで利用されているパッケージ形式。パッケージとは、ソフトウエアの実行ファイルやライブラリ、設定ファイル、インストールに必要な定義ファイルなどをセットにした一つのファイルである。deb方式に準拠したパッケージを「debパッケージ」と呼ぶ。

debパッケージには通常、「.deb」という拡張子が付いている。インストールする際はパッケージ管理コマンド「dpkg」を用いる。例えばパッケージをインストールする場合はオプションの「-i」を指定し、その後ろにパッケージ名を記述する。

# dpkg -i package-x.x.x.deb

dpkgは、自動的にパッケージの依存関係を調べ、問題があると警告を出したり処理を中止したりする。ただし問題の解決までは行わない。ソフトウエアによっては数十ものパッケージが依存関係にあるケースもあり、手作業で解決するのは非常に困難である。

こうした問題を解消するにはパッケージ管理ツールの「APT」(Advanced Package Tool)を活用する。「apt-get」コマンドや「aptitude」コマンドを使って、より簡単にパッケージを操作できる。依存関係で必要なパッケージが不足している場合、インターネットから自動的に必要なパッケージを入手して依存関係を解消してくれる。GUIでAPTを利用するためのソフト「Synaptic パッケージ・マネージャ」もある。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 5月31日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介