デフォルトルート

読み方 : でふぉるとるーと

英語正式表記 : Default Route

デフォルトルートとは

デフォルトルートは、ルーティングテーブルにない宛先用の特殊な経路のこと。次にパケットを送る先がルーティングテーブルに明記されていない場合に、パケットを託す相手を表す。

IPネットワークに接続したパソコンやルーターなどは、「パケットの最終的な宛先のIPアドレス」と、「最終的な宛先に届けるため、次にパケットを送る先のIPアドレス」(ネクストホップ)をまとめた情報を保持している。これをルーティングテーブルと呼ぶ。ルーティングテーブルに書かれた情報の一つひとつは、経路情報と呼ばれる。

パケットを受信したルーターなどは、最終的な宛先のIPアドレスを確認する。この宛先IPアドレスを基にルーティングテーブルを検索し、次にパケットを渡すネクストホップを調べる。

ただし、ルーティングテーブルには、世界中のIPネットワークにあるすべての宛先IPアドレスが登録されているわけではない。ルーティングテーブルに該当する情報が見つからない場合は、デフォルトルートが示す先にパケットを送る。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2014年 5月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取り揃えています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介