デザイン思考(デザインシンキング)

読み方 : でざいんしこう(でざいんしんきんぐ)

デザイン思考(デザインシンキング)とは

デザイナーの作業手順や考え方を、製品やサービスの企画・開発に取り入れること。新たなマーケットを創出する製品やサービスを企画・開発できるとして、製造業を中心に導入が広がっている。

エンジニアとデザイナーでは、製品やサービスを企画・開発するときのアプローチが異なる。一般にエンジニアは最先端の技術に詳しく、技術の進歩に追従して新製品を企画・開発しがちである。例えば携帯型音楽プレーヤーであれば、既存の高音質化技術を改良したり、画面を液晶から有機ELに変えたりするといったアプローチだ。

一方、デザイナーが追究するのは顧客が商品を手に取ったときの「使い方」や「感じ方」である。そのため、新製品の企画・開発でも「これまでとは違った使い方や感じ方」となるようにアプローチする。携帯型音楽プレーヤーでいえば、指先で円を描きながら滑らせて操作するタッチパッド方式に変えるといったことだ。結果、これまでにない製品が生まれることがある。

このように、顧客、つまり「人」を起点にしたアプローチが、「デザイン思考」と呼ばれるものである。

背景:技術起点で競争に敗れた反省

かつて日本の家電メーカーは世界のテレビ市場を席巻した。しかし、アジア諸国の家電メーカーが台頭し、あっという間に駆逐されてしまった。技術はコモディティー化しやすく、最後は価格の安さでしか差異化できない。技術を起点とした従来の企画・開発では、もはや競争力のある製品やサービスを生み出せない。

今、企業が求めているのは、既存の製品やサービスの延長線上にはない、全く新しい製品やサービスの創出だ。これを実践できると期待されるのが、デザイン思考である。一般社団法人デザイン思考研究所の柏野尊徳代表理事所長は「0から1の価値を生み出す手法だ」と説明する。既にソニーや日立製作所、ヤマハ、ヤフーなどが取り入れて実践している。

手順:まずは顧客の行動を観察

デザイン思考で製品やサービスを企画・開発する手順は、デザイナーが対象物を観察してデッサンする手順そのものだ。デザイン思考研究所は「発見」「詳細化」「探索」「実験」の4ステップに分けている。

発見は顧客の行動を観察して課題を見つけ出すステップである。ここで重要なのは「顧客の行動に共感すること」だ。例えば、既存の携帯型音楽プレーヤーのボタン操作を顧客が「使いにくい」と感じているかは、行動の観察だけでなく、顧客になりきらないと理解できない。

次の詳細化は、発見で見つけた課題を掘り下げるステップである。「使いにくい」という課題が、特定の誰かに限定されたことなのか、どういったタイミングで感じる現象なのかなどを検証する。

探索は、課題の解決策を検討するステップ。ここでは、思いついた解決策を全てピックアップし、メンバーと議論する。議論によって解決策を統合したり絞り込んだりして、次の実験で検証する。

実験ではプロトタイプを作って顧客がどう感じるかを検証する。ここでは「失敗を繰り返すこと」が重要だ。失敗して4ステップを何度も繰り返し、最終的な製品やサービスを完成させるのである。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2017年 2月24日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介