DevOps

読み方 : でぶおぷす

英語正式表記 : Development and Operations

DevOpsとは

Development and Operationsの略。「デブオプス」と読む。ソフトウェアやコンピューターシステムの開発手法。開発(Development)担当者と運用(Operations)担当者が緊密に協力・連携し、開発を迅速に進める仕組み。

DevOpsはメンタル要素と技術要素から成り立っている。メンタル要素では、「ResPect」お互いを尊重する、「Trust」チームを信頼する、「Healthy attitude about failure」失敗を責めない、「Avoiding Blame」相手を非難しない、ということが重要だ。技術要素では、新たな開発手法やツールを活用することも有効だ。アジャイル開発(スクラム開発)などを取り入れ、連携ツールIFTTT(イフト)などによる作業自動化でヒューマンエラーの発生を防ぐことができる。

DevOpsを導入すれば、市場投入までの時間の短縮、高い顧客満足度の創出、改良された製品の品質向上、ソフトウェアデリバリー・プロセスの自動化、信頼性の高いリリース、生産性や効率の改善、開発能力の育成、組織改革の強化などの多大な相乗効果が生まれる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介