DevOps

読み方 : でぶおぷす

DevOpsとは

システムの機能追加などを迅速に行うためにシステムの開発部門と運用部門が協力し合う開発手法のこと。ビジネスの変化に合わせた短期開発のニーズの高まりで、注目が集まっている。

「ネットサービスの新機能を、1日で10種類、同時に追加できる」。他社との競争が激しいネット企業を中心に、このようなシステム提供体制が注目を集めている。それが「DevOps(デブオプス)」だ。ツールによる自動化を含めた、システムの開発部門と運用部門が協力し合う開発手法を指す。開発(Deve-lopment)と運用(Operations)の略語をつなげた造語である。

この言葉の生みの親は、写真画像データの共有サービスを手掛ける米フリッカーのシステム担当者だ。2009年、ネットビジネスの開発・運用担当者が集まる米国のイベントで「1日に10種類の新機能を同時に追加」を実現する体制として紹介されたのがDevOpsである。

手法:自動化ツールの導入がカギ

ネット企業でも、10種類の新機能を1日で追加するのは容易ではない。フリッカーでは、ツールによる作業の自動化と、システムの開発部門と運用部門が協力し合うことで、それを実現している。

自動化しているのは、プログラム開発後の作業だ。稼働中のシステムに新機能を加えるには、「新機能用のプログラムがシステムで正常に動くかどうかを調べるテスト」「テスト環境から本番環境への移行」など、様々な作業が必要となる。こうした作業は手間がかかり、ミスも起こりがち。これらをフリッカーではツールで自動化している。

さらに担当者同士が共同作業を進めるために「いつどのような新機能の提供を始めるのか」「その新機能の提供でサーバーを追加すべきかどうか」といった情報を事前に共有。それに基づいて運用部門も、安定稼働のために準備を進める。

動向:ここ半年で関心度高まる

2009年以降、日本でも、ネット企業を中心にDevOpsが広まった。さらに「ここ半年、一般企業のシステム部門の担当者も関心を寄せている」と、DevOpsの動向に詳しい、日本マイクロソフトの高添修エバンジェリストは話す。

その背景には、企業情報システム開発における短期化のニーズがある。要件を決めて数カ月後にシステムが出来上がっても、ビジネスが変化していて使われないというケースが増えてきた。それを避けるには、システムの機能ごとに短期間で繰り返し提供していく必要がある。そこで開発と運用の協力体制であるDevOpsが不可欠なのだ。

ただし、2009年よりも前から、DevOpsの体制を整えていたところが日本にあある。制度変更などによる追加開発が多い、金融システムの現場だ。野村総合研究所の金融業向けクラウドサービスの開発・運用現場では十数年来、DevOpsを実践している。開発と運用の担当者同士の協力関係により「サーバーの追加準備や、不具合を事前回避したプログラムの開発ができ、サービスの安定提供に役立っている」と、同社データセンターマネジメント本部の北山誠グループマネージャーは効果を語る。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2015年 3月24日 公開]