ディレクトリサービス

読み方 : でぃれくとりさーびす

ディレクトリサービスとは

ネットワークに接続したサーバー、プリンター、アプリケーションなどの資源(リソース)の所在・属性・設定などの情報を効率的に収集し、記録・管理するサービスのこと。また、その機能を提供するコンピューターやソフトウェアを「ディレクトリサーバー」という。ネットワーク上の資源の情報を一元管理するので、大規模なネットワークでの利活用が多い。

ディレクトリサービスは、資源名、ホスト名、IPアドレス、アクセス権限、アイデンティティ情報などのディレクトリ情報に基づいてユーザーやアプリケーションから資源へのアクセスをコントロールするのが狙いだ。

ディレクトリサービスにアクセスするための通信プロトコルは、LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)が標準で用いられている。LDAPを実装すれば1台のクライアントから複数のディレクトリサーバーにアクセスすることが可能だ。

現在は、Sun Microsystemsの「NIS(Network Information Service)」、Appleの「Open Directory」、マイクロソフトの「Active Directory」などの製品が普及している。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介