DLNA

読み方 : でぃーえるえぬえー

英語正式表記 : Digital Living Network Alliance

DLNAとは

Digital Living Network Allianceの略。AV機器とコンピュータの間で静止画や動画、音声データを相互にやり取りするための仕様策定を目的にした業界団体。パナソニックやソニー、シャープなどの家電メーカーと、米インテルや米マイクロソフトなどのコンピュータベンダーなど約200企業が参加している。2004年6月に最初の仕様(ガイドライン1.0)を発表した。

DLNAのガイドラインでは、対象機器を「Digital Media Server」(DMS)と「Digital Media Player」(DMP)の二つのカテゴリに分ける。DMSはデジタルコンテンツの保存や配信機能を備える機器で、パソコン、デジタルカメラやビデオカメラ、カメラ付き携帯電話などを想定している。DMPは、コンテンツを再生する機器のことで、テレビや音楽プレーヤなどを想定している。伝送路にはイーサネットかIEEE802.11準拠の無線LAN、動画データ形式はMPEG2、画像データ形式はJPEGを、家電機器にIPアドレスを割り当てる機能にはマイクロソフトが家庭内LAN向けに規定したUPnP(universal plug and play)を採用した。

ガイドライン1.0は、コピーワンスコンテンツや有償コンテンツなど著作権管理の問題には触れていない。DLNAは今後のガイドラインの改訂で、著作権管理を組み込む方針だ。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内