電子決済

読み方 : でんしけっさい

電子決済とは

電子商取引などでネットワークを介して決済を行うこと。クレジットカード決済、銀行口座決済、電子マネー、電子小切手など、様々な方法がある。方式にはプリペイド方式、ジャストペイ方式、ポストペイ方式がある。

これまでインターネット上のオンラインショップでは、クレジットカード決済、代金引き換え決済、コンビニエンスストア決済が主流となっていたが、最近ではインターネット銀行の口座決済、電子マネーの利用も急速に増えている。

クレジットカード決済については専門のサービス会社があり、加盟店は専用ソフトを導入するだけでサービスを利用できる。インターネット銀行の口座決済は、ジャパンネット銀行やイーバンク銀行などに口座を開設すれば、サービスを利用できる。

最近の動きとして注目されるのが電子マネーの普及である。ソニー子会社のビットワレットが展開する「Edy(エディ)」や、JR東日本といった交通事業者の「Suica(スイカ)」、「PASMO(パスモ)」、セブン&アイ・ホールディングスの「nanaco(ナナコ)」、イオンの「WAON(ワオン)」など、それぞれコンビニエンスストアやホテル、交通機関などへと幅広く展開しつつある。電子マネーによる決済機能を備えた携帯電話端末も登場している。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介