エンドレスアイル

読み方 : えんどれすあいる

エンドレスアイルとは

英語で「終わりのない通路」の意味。店舗で商品が品切れしていても、その場で自社EC(電子商取引)サイトの商品を注文できるサービスのこと。商品の受け取り方は、後日、店舗や自宅配送による。店舗にECの仕組みを導入し、自社に顧客を囲い込んでサービスと顧客満足の向上を図るのが狙いである。

これは顧客側と店舗側の双方に多数のメリットがある。例えば、顧客側は、店舗で欲しい商品の品切れ、サイズやカラーのバリエーションの欠品があっても、商品を求めてほかの店舗やECサイトを探す必要がなくなる。商品の店舗への再入荷を待たないので、購入までのタイムラグがなく、「商品が購入できない」「手に入れるまでに時間がかかる」などの不満も解消できる。店舗側も、商品の在庫がないというクレームに迅速に対処でき、品切れによる他店舗への顧客流出を防ぐことができるほか、店舗の限られたスペースでは提供しきれないサイズ違い・色違いを提供することもできる。

エンドレスアイルの導入は、アメリカに本部のあるメイシーズ(Macy's)など欧米の大手百貨店が先行し、国内でも多くの店舗で導入が進んでいる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152503