エンドレスアイル

読み方 : えんどれすあいる

エンドレスアイルとは

店舗で品切れしていても、その場で自社EC(電子商取引)サイトの商品を注文できるサービスの総称。商品は自宅や店舗で後日受け取れる。米メーシーズなど欧米の百貨店大手が先行しており、国内でもJ・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店(東京・江東)や靴専門のエービーシー・マート(ABCマート)が力を入れている。

エンドレスアイルは直訳すると、「終わりなき通路」という意味だ。店舗とネットを使って、自社に顧客を囲い込むという意味が込められている。

顧客は店舗に望みの商品が無くても、その場でタブレットなどを使って注文し、早ければ翌日に自宅や店舗で商品を受け取れる。これまでは、店舗で欲しい商品が品切れしていると、入荷されるまで待って改めて店舗に出向いたり、他店やECサイトで再度探すといった手間が必要だった。

大丸松坂屋百貨店は2013年11月、大手アパレルのワールド(神戸市)と組んで、店舗でワールドの商品が品切れしていても、売り場に設置したiPadで自社ECサイトの商品を注文できるサービスを始めた。ABCマートも2012年11月から、顧客が来店したときに希望の商品がなくても、その場で通販用商品を注文できるサービスを始めている。送料無料で、最短2日で自宅に商品が届くのが売りだ。ABCマートはエンドレスアイルによって売り逃しを防ぎ、各店舗の売り上げを2~3%引き上げることを目指している。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2014年12月25日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介