社内SNS

読み方 : しゃないえすえぬえす

社内SNSとは

グローバル対応を進める企業にとって重要な課題の1つは、各拠点の人材といかにコミュニケーションを取るかである。電話やテレビ会議といったツールの場合、海外とのやり取りではお互いの時差を考慮しなければならない。簡単な業務連絡には電子メールを使うのが一般的だが、最近は社員一人ひとりが受け取るメールの数が増え、重要なメールを見落とすリスクが高まっている。

こうしたなか、メールを代替する、もしくは補うコミュニケーション手段として社内SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に注目が集まっている。フェイスブックやミクシィといった個人向けSNSと同じ機能を、社内専用で使いやすいように応用したものである。米マイクロソフトの「Yammer(ヤマー)」、米セールスフォース・ドットコムの「Chatter(チャター)」、サイボウズの「サイボウズLive」などのサービスがある。

効果:遠隔拠点の人材の状態やスキルを掌握

社内SNSを拠点間のコミュニケーション手段として応用する場合、ツイッターなどに似た“つぶやき”機能や掲示板機能を利用する。例えば、同じプロジェクトに携わるチームメンバー全員が、お互いが発信する情報を閲覧できる状態にしておく。進捗があるごとにつぶやいたり、掲示板に書き込んだりすることで、メンバーの状況を把握する仕組みである。最近の社内SNSの多くはツイッターのような「タイムライン」と呼ばれる画面設計を採用し、メッセージが時系列に並ぶようにしている。これにより利用者は情報の流れが把握しやすくなっている。

連絡手段としての用途に加え、各拠点の人材が持っているナレッジを共有する目的で社内SNSを運用する企業も増えつつある。ある拠点で浮上した課題を別拠点の人材が既に経験しているというケースはしばしばあるもの。社内SNSのプロフィール用ページなどに人材のスキルや経験を記載しておけば、課題に直面した際に社内SNSを通じて課題の解決を早められる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2013年10月22日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介