eSIM

読み方 : いーしむ

英語正式表記 : Embedded Subscriber Identity Module

eSIMとは

Embedded Subscriber Identity Moduleの略。Embeddedは「組み込み」の意味で、sSIMはリモート操作で通信事業者の切り替えができる組み込み用SIM(Subscriber Identity Module)のことを指す。

eSIMの仕様は、GSMA(GSM Association、携帯電話関連企業の業界団体)により、大きく分けて「M2M(Machine to Machine)モデル」と「コンシューマーモデル」の2つが策定されている。

従来のSIMとの違いは、eSIMはユーザー自身が手軽に契約情報を書き換えることができる点だ。契約者情報は、ネットワーク経由でダイレクトに変更することができるので、SIMの抜き差し不要で簡単に通信キャリアを切り替えられる。海外でスマートフォンを使用する場合、現地通信事業者の安価な回線を利用できるので、通信コストの最適化が図れる。

また、通信機能搭載の製品を輸出する場合、国ごとに通信モジュールやSIMを個別に搭載する必要がなくなるので、国や地域、用途によらず製品仕様を共通にすることができ、在庫管理の効率化が図れる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介