イーサネットスイッチ

読み方 : いーさねっとすいっち

イーサネットスイッチとは

イーサネットによるネットワークを構築する際に使うスイッチ型のハブ(集線装置)。イーサネットスイッチにつながった多数のコンピュータからデータ伝送処理が同時に発生した場合、交換機のようにデータの伝送先を切り替え、データの衝突を防ぐ。ネットワークのトータルな伝送処理能力を高められる。

イーサネットによるネットワークでは、リピータハブ(または単にハブ)と呼ばれる製品も使われる。A、B、C、Dのパソコンがある場合、リピータハブでは、AとBが通信して伝送路を専有してしまうとCとDは通信できない。しかし、イーサネットスイッチを使えば、AB間とCD間で同時にデータを伝送できる。

日本では1990年代に製品が登場、当初は10Mbps(メガビット/秒)のイーサネット用のポートを備える製品が一般的だった。最近では100Gbps(ギガビット/秒)以上の伝送速度を持つ次世代イーサネット対応のスイッチが各社から発表されている。

スイッチとしてはほかに、対応できるLANの構成などに応じてトークンリングスイッチ、FDDI(Fiber Distributed Data Interface)スイッチ、HIPPI(High Performance Parallel Interface)スイッチ、ATM(非同期転送モード)スイッチなどがある。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介