Eucalyptus

読み方 : ゆーかりぷたす/ゆーかり

英語正式表記 : Elastic Utility Computing Architecture for Linking YourPrograms To Useful Systems

Eucalyptusとは

Eucalyptus(Elastic Utility Computing Architecture for Linking YourPrograms To Useful Systems)は、クラウド基盤を構築するためのオープンソース・ソフトウエアである。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータ・サイエンス学科の研究プロジェクトとして開発がはじまった。現在は、Eucalyptusの開発者によって設立されたEucalyptus Systemsが、開発や保守サポートなどを引き継いでいる。

Eucalyptusの特徴は、米Amazon.com社が提供している各種クラウド「AmazonEC2」、「Amazon S3」、「Amazon EBS」のAPIと互換性を持っていることである。Eucalyptusを使うことで、アマゾンと同等のクラウド環境を構築することができる。このため、Amazon EC2上のサービスを、そのままEucalyptusで構築したプライベートクラウドに移すことができる。逆に、プライベートクラウド上のサービスを、そのままAmazon EC2に持っていくことが可能だ。

XenまたはKVMをベースにした仮想環境のリソースを管理できる。Ubuntu 9.04と同 9.10では、Eucalyptusをベースにしたソフトウエアセットがパッケージに収容されている。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 2月15日 公開]