EVB

読み方 : いーぶいびー

英語正式表記 : Edge Virtual Bridging

EVBとは

Edge Virtual Bridgingの略。サーバー仮想化環境におけるネットワークの規格。もともとはサーバー仮想化環境で指摘されているネットワークの課題に対処するために考案されたものであり、IEEE 802.1Qbgとして策定が進みつつある。

EVBは仮想スイッチの機能を物理NICや物理スイッチにオフロードする技術であり、サーバーCPUの負荷を軽減できる、また仮想スイッチの管理を必要としないというメリットがある。ライブマイグレーションの実行時、仮想マシンの移動に物理スイッチの設定を追従させられることも特徴である。これらに加え、サーバーCPUの負荷軽減やI/O処理の向上が見込める、トラフィックを可視化できるといった特長もある。

EVBが定義する実装形態には、「VEB(Virtual Ethernet Bridge)」と「VEPA(Virtual Ethernet Port Aggregator)」がある。VEBはNICに転送機能をオフロードするのに対し、VEPAは物理スイッチにオフロードする。VEPAの場合、仮想マシンの通信トラフィックは、従来のようにハイパーバイザーの仮想スイッチで転送処理をせず、上位の物理スイッチにオフロードできる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介