EVM

読み方 : いーぶいえむ

英語正式表記 : Earned Value Management

EVMとは

Earned Value Managementの略。プロジェクト管理手法の一つ。プロジェクトの進捗状況をアーンドバリュー(出来高)と呼ぶ金額として算出することで、スケジュールとコストの進捗を同一の測定基準でとらえ、遅延やコスト超過を早期に発見できるようにする。

米国で1996年に米国規格協会が「ANSI/EIA-748-1998」として規格化。日本では2003年に経済産業省がEVMを有効活用するためのガイドラインを公開した。同省向けのシステム構築案件の一部では、EVMでプロジェクト管理をしていることが入札の条件になっている。

EVMは計画と現状把握のプロセスで実施する。計画ではWBS(Work Breakdown Structure)と呼ぶ手法でプロジェクトを複数フェーズに分け、各フェーズでの成果物の作成に必要な工数を算出する場合が多い。この計画から、ある一定の期間で作るべき成果物の金額PV(Planned Value)が分かる。

現状把握では、あの時点までに完成した成果物の出来高EV(Earned Value)と、実際のコストであるAC(Actual Cost)を監視する。それぞれの累積を、横軸に時間経過をとったPVのグラフに重ね合わせれば、計画と現状とのずれが分かる。PVとEVの差がスケジュールのずれ、ACとEVの差がコストのずれである。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内