フォールトトレランス

読み方 : ふぉーるととれらんす

フォールトトレランスとは

耐障害性のこと。サーバーシステムの一部に障害が発生しても、全体を停止させずにサービスを提供し続けるようにする仕組みを指す。処理を続けている間に故障部分を修復できる。代表的な方法に、各部品を2重化するなどして耐障害性を高めたフォールト・トレラント・サーバー(FTサーバー)を使うものがある。

FTサーバーは、ハードが故障してもシステムを停止させない仕組みを備える。複数のプロセサを搭載する、ハードディスクをRAID(安価なディスクを組み合わせたディスク装置)化する、電源や冷却ファンを2重化するといった対策が施されている。複数搭載したプロセサやメモリーが常に同期をとりながら処理をしているため、一つの部品に障害が起きても、他のプロセサやメモリーが瞬時に処理を引き継ぐ。システムを止めずに故障個所を修復する仕組みも持つ。ハードディスクやメモリーのエラーを検出し、修正する仕組みである。機器が稼働している状態でも部品を交換できるホットスワップ(活線挿抜)も修復向け機能の一つ。

FTサーバーには従来型と新型がある。従来は、独自のOSやハードで構成しており、数千万円から数億円する製品が多かった。最近はインテルのプロセサやWindowsを使った安価なパソコンを利用したFTサーバーが増えてきた。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内