フィット&ギャップ分析

読み方 : ふぃっとあんどぎゃっぷぶんせき

フィット&ギャップ分析とは

フィット(fit)は「適合」、ギャップ(gap)は「かい離」の意味。導入するシステムと業務プロセスにおいて、必要とする機能がマッチしているかを分析する作業を指す。システムが業務プロセスに提供する機能の過不足を確認し、完成度の高いシステムを開発する狙いがある。

フィット&ギャップ分析では、ERP(統合業務パッケージソフトウェア)などを導入する場合の意思決定や、導入するプロジェクトの業務プロセスの変更、パッケージが規定する標準業務プロセスとユーザーの業務プロセスの照合、情報システムのカスタマイズなどを検討する。

標準業務プロセスと業務プロセスが適合しないときは、標準業務プロセスの手順を変更し、標準業務プロセスに基づく新たな業務プロセスを定める。その後、新たに定めた業務プロセスを実現するための機能を開発し、パッケージに追加する。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 9月 4日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介