フラッシュストレージ

読み方 : ふらっしゅすとれーじ

フラッシュストレージとは

ハードディスクではなく、フラッシュメモリーにデータを格納する記憶装置。データの書き込み・読み込みや入出力速度を高速にできる。ビッグデータ時代を迎え、次世代ハードとして注目を集める。

製品にセンサーを埋め込んで稼働データを得るM2M(マシン・ツー・マシン)の登場などで、企業が管理するデータ量が飛躍的に増えている。米IDCによると、全世界のデータ量が2020年まで2年ごとに倍増すると試算している。

爆発的に増えるデータをどう管理するのか。この課題を解決できないと、ビッグデータ活用はおぼつかない。そこで注目を集めているのが、「フラッシュストレージ」と呼ばれる次世代記憶装置だ。ハードディスク(HDD)だけでなく、フラッシュメモリーにもデータを格納する機能を備えている。従来型のストレージに比べて、データの書き込み・読み込みや入出力速度が飛躍的に高まる。

最近ではフラッシュメモリーだけで構成した「オールフラッシュ」と呼ばれるストレージ製品が増えている。米IBMは今後3年でフラッシュ技術の研究開発に1000億円を投資する方針を打ち出すなど、ストレージメーカーの競争も一段と激しさを増している。

効果:速さと低消費電力が魅力

フラッシュストレージを使うメリットは、大きく2つある。1つは先述した通り、データの書き込み・読み込みや入出力が高速である点だ。国内の某大手ゲーム会社は2013年6月、ネットゲームの基盤にフラッシュストレージを導入。従来に比べ、データの処理速度を100倍高めた。フラッシュストレージを導入すれば、既存システムを流用しつつ、短期間でデータの処理速度を高められる。

もう1つは、HDDを備えたストレージに比べて、消費電力量が少ないことだ。フラッシュストレージを使えば、家庭用の大型テレビ1台分の消費電力量で、20テラバイト(TB)のデータを保存できるという試算もある。

動向:導入事例が急増

日本IBMは2013年4月、フラッシュストレージ「IBM FlashSystem」の出荷を始めた。20TBの容量を搭載した上位機種の定価は5700万円。出荷開始から間もなく、製造や流通、金融など様々な業界での導入事例が増えている。フラッシュストレージは、ERP(統合基幹業務システム)やデータウエアハウス、商用ネットサービスの基盤など適用範囲は様々である。

フラッシュストレージはHDDストレージに比べて高価なものの、引き合いは強いようだ。フラッシュメモリーのコストが以前よりも低下し、導入に向けたハードルも下がってきたからだ。

日本IBMによると、1ギガバイト単位でHDDとフラッシュメモリーの価格を比較すると、現状で10~30倍に価格差が縮まってきている。今後は、さらにこの差が縮まることは確実だ。とはいえ、「現状はフラッシュメモリーとHDDを混合して使うのが得策」と、日本IBMの佐野正和システム製品事業ストレージ事業部ソリューション部長は指摘する。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2014年 9月16日 公開]