FOA

読み方 : えふおーえー

英語正式表記 : Flow Oriented Approach

FOAとは

Flow Oriented Approachの略。製造現場の生データに、関連のある背景データや説明データを加え、編集して分析した情報を企業内のネットワークにリアルタイムに配信する仕組み。製造現場で得たデータを現場のリスク対応、業務改善、経営判断に生かす、情報システムの新しい考え方である。背景には、IoT(Internet of Things「モノのインターネット」)への関心が急速に高まっていることがある。

製造現場で得られる情報について、従来は現場内でデータを分析し、業務改善を行い、関連部署に報告していた。このような方法では、部署ごとに情報が散在し、問題発生時の対応方法を組織全体で把握できない。

FOAでは、製造装置やセンサーから生まれるデータに、現場の作業者の判断やアクションに必要な「背景情報」や製造装置の点検状況やマニュアルなどの「説明情報」も追加して、因果関係を分かりやすくまとめた「情報短冊」と呼ばれる情報をデータベースに保存する。

情報短冊をシステムに組み込めば、問題が発生した際、現場の作業者は迅速に問題解決にあたることができる。また、経営層は現場の状況を把握しやすくなるため、企業全体のリスク感度が高まる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152254