FOA

読み方 : えふおーえー

英語正式表記 : Flow Oriented Approach

FOAとは

製造現場で得られたセンサー情報に背景情報などを加えて共有し、現場の改善活動などに役立てる情報活用の新しい考え方。IoT(モノのインターネット)を実現する日本発の概念として注目される。

製造業ではIoTへの関心が急速に高まっている。にもかかわらず、「集めたビッグデータをどう生かしていくのか」、その絵をうまく描けていない企業は多いようだ。

特に深刻なのは、工場などの製造現場で集めたデータの活用である。実は多くの製造現場では「データを集めて見える化したのに、改善などのアクションに結び付けられていない」という課題に直面している。

そんななか、工場の現場で得た事実(データ)をきっかけに、現場のリスク対応や業務改善、さらには経営判断にまで生かそうという、情報システム作りに関する新しい考え方に注目が集まってきた。それがFOA(Flow Oriented Approach)である。

特徴:現場で意味ある情報を共有

そもそもFOAは、ブリヂストンの元・取締役で、生産技術などを担当していた奥雅春氏が提唱している考え方だ。2011年、奥氏はFOA専用ソフトの開発や導入コンサルティングを手掛けるsmart-FOA(東京・千代田)という会社を設立。それ以降、コマツなどの製造現場で導入が進んでいる。

FOAの特徴は、製造装置やセンサーなどから生まれるデータに、現場の作業者の判断やアクションに必要な情報を追加することだ。そのうえで、社内の情報ネットワークに「フローさせて(流して)」全社で共有する点にある。

製造装置から出される異常を示すデータを例に取ると、FOAではそのデータに、誰が作業したのかや、現場の温度や気圧、発生した状況といった「背景情報」を追加する。

さらに該当する製造装置の点検状況やマニュアルなどの「説明情報」も加えていく。FOAでは特に、異常データに背景情報や説明情報を加えたひと固まりの情報を「情報短冊」と呼び、重視している。

この情報短冊が現場の行動を変えていく。「異常が起こったという事実だけを伝えるデータに、背景情報や説明情報を加えた情報短冊があれば、現場の作業者にとって意味のある質の高い情報源になる。作業者は情報短冊を見れば、すぐに動き出せる」と奥社長は説明する。

動向:開発支援サービスも登場

情報短冊を社内ネットワークを介して経営層も閲覧できるようにすれば、現場からの報告を待たずに、現場の状況をつぶさに把握できる。従来の生産管理システムに追加する形でFOAシステムを導入すると、企業の組織全体でリスクに対する感度を高められそうだ。

FOAを実現する道具立ても整いつつある。2015年1月、ネットワンパートナーズが、米シスコシステムズのネットワーク機器とsmart-FOAの専用ソフトを組み合わせて提供すると発表した。

「スイッチなど現場に配置するネットワーク機器で情報短冊を作る処理をするので、現場の作業者がすぐにでも活用できる」と、ネットワンパートナーズの和田智之ソリューション事業部セールスエンジニアリング部部長は説明する。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2015年12月21日 公開]