フレームワーク

読み方 : ふれーむわーく

フレームワークとは

アプリケーションを開発するとき、その土台として機能させるソフトウェアのこと。「アプリケーションフレームワーク」とも呼ばれる。「枠組み」「骨組み」「構造」などといった意味があり、土台となるフレームワークに必要な機能を追加し、アプリケーションの開発を進めていくのが一般的。

フレームワークには、Webアプリケーションの作成に利用される「Webアプリケーションフレームワーク」、データのソートや文字列操作、数学関数、テストなどのアプリケーションの機能や性能、操作性を向上させるための「ユーティリティ系フレームワーク」などの種類がある。それぞれ汎用性が高く、機能が充実しているタイプや、軽量で機能が絞り込まれたタイプなど、多種多彩なフレームワークがある。

フレームワークの最大のメリットは、目的のアプリケーションをゼロから開発する必要がないので、開発工程を大幅に短縮できることにある。その反面、フレームワーク特有のコードがあるために、プログラミング言語に加え、そのコードを覚えなければならないという欠点もある。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152326