ファンクションポイント法

読み方 : ふぁんくしょんぽいんとほう

ファンクションポイント法とは

システムの規模を定量化する手法の一つ。1979年にアラン・オールブレクト(当時米IBM)が発表した。システムが提供する機能に基づいて、そのシステムの規模を定量化する。ファンクションポイント法によって定量化した値をファンクションポイント値と呼ぶ。プログラムのステップ数によりシステムの規模を見積もれない場合に有効である。

ファンクションポイント値の計算方法はいくつか発表されている。代表的なものは、国際的な業界団体である米IFPUG(国際ファンクション・ポイント・ユーザー・グループ)によって決められている。まず、システムが扱う外部入力、外部出力、内部論理ファイル、外部インタフェースのファイル、外部照会のそれぞれについてデータの種類や数を調べる。それを、IFPUGが定める換算表に当てはめて重みづけして合計し、「未調整ファンクションポイント値」を求める。次に、分散データ処理や性能条件、トランザクション率などシステムの特性を表す14種類の要因に基づいて「調整係数」を算出する。未調整ファンクションポイント値に調整係数をかけた値が、ファンクションポイント値である。ファンクションポイント値から実際の開発工数を求めるには、開発ツール/言語の生産性などのデータが別途必要になる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]