ガラホ

読み方 : がらほ

ガラホとは

スマートフォンの技術を一部取り込み開発した従来型の携帯電話(ガラケー)。折り畳み式でテンキーが付くなど、外観はこれまでのガラケーとほぼ同じ。ただし、OSはアンドロイドを採用している。

ガラホとは、従来型の携帯電話の通称である「ガラケー」と、スマートフォン(スマホ)を掛け合わせた造語だ。2015年の春商戦向けの新製品として、KDDI(au)がシャープ製のガラホを初めて商品化。2015年夏にはNTTドコモも発売した。

背景:ガラケー継続に限界

2008年に米アップルの「iPhone 3G」が日本で発売されて以降、スマホは急速に浸透した。auによると、既にスマホの普及台数はガラケーを上回り、今後もスマホ比率は高まる見通しである。

一方でガラケーを使い続けたい人も依然として多くいる。調査会社のMM総研によると、2014年4月から2015年3月までの国内のスマホ出荷台数は、前年度比7.2%減の2748万台にとどまった。一方で、ガラケーの国内出荷は同6.0%増の1040万台と、7年ぶりに増加に転じたのである。慣れた端末の方がいい、物理的なボタンがあった方が使いやすい、細長い折り畳み型は持ちやすく通話もしやすい、スマホは月額料金が高い―。様々な理由で、今もガラケーを使い続ける人がいる。

ところがガラケー自体は存続の危機に瀕している。全盛期よりは市場が縮小したため、近年は大幅な改良を避け、旧来のOS、プロセッサー、通信制御LSIなどを使い続けている。しかし、主要部品の生産終了や技術者の退職などで、新機種の開発はおろか、現行機種の継続販売も難しくなっている。

そこで出てきたのが、外観やボタン配列はガラケーを踏襲しつつも、中身を入れ替えたガラホだ。OSはスマホと同じ米グーグルのアンドロイドを採用。LSIもスマホと共通にし、スマホの技術者が開発やサポートできるようにした。

auが2015年7月中旬に発売した「AQUOS K SHF32」は、メールやブラウザーのほか、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信などガラケーと同様の機能を備える。

ガラケーをガラホに刷新したことで、従来は難しかった最新技術への対応も実現した。同製品は高速通信技術のLTEに対応。音声通話の音質を改善する「VoLTE」(ボルテ)、端末を無線LANの親機として使い、パソコンやタブレットをネットにつなげるテザリング、対話アプリ「LINE」なども使える。

ただし、ドコモとauのガラホはいずれも、「iモード」や「EZweb」などガラケー向けに提供していたコンテンツサービスには対応しない。

効果:企業で活用しやすく

企業で従業員向けの端末を導入する場合、ガラホは有力な選択肢になるだろう。月々の料金体系がガラケーと同程度なので、出費を抑えやすくなる。また、OSがアンドロイドなので、ガラケーに比べて業務で使う専用アプリを開発しやすいメリットもある。

一方、スマホ向けのアプリ配布サービス「Google Play」には非対応のため、従業員が業務に関係ないアプリを勝手にダウンロードすることも防げる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2016年 5月17日 公開]