GDB

読み方 : じーでぃーびー

英語正式表記 : GNU Project Debugger

GDBとは

GNU Project Debuggerの略。「GNUデバッガ」ともいう。「GNUプロジェクト」が開発したUnix系システムで動くデバッグ用フリーソフトのこと。コマンドラインからgdbコマンドを実行して起動する。C言語、C++、FORTRAN、FreeBASIC、Pascalなど、多様なプログラミング言語に対応している。

プログラムの変更や追跡を行うGDBは、主に次のようなデバッグ機能を完備している。

(1)プログラム内部の変数値を修正・監視する。
(2)プロセスの状態やメモリーの内容などの情報を基に変数を表示してプログラムを再現する。
(3)プログラムの動作をソースコードのレベルで解析する。
(4)プログラムが正常に動作しないときにバグを発見して除去する。

ただし、GUI画面がないため、コマンドを覚える必要があるというデメリットもある。

GDBは、リチャード・ストールマンが1986年、「バークレーUnix」の配布物件に付随している「Dbxデバッガ」をモデルに開発した「GNU Emacs」がルーツである。開発当初は安定性に課題があったものの、現在は「フリーソフトウェア財団(FSF)」が「GNU General Public License(GPL)」を公開・管理し、プログラムの改定を重ねている。2018年1月1日には最新版の「バージョン8.1」がリリースされている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152519