ギガビットイーサネット

読み方 : ぎがびっといーさねっと

ギガビットイーサネットとは

1Gbps(ギガビット/秒)のデータ伝送速度を持ち、イーサネットと同じデータ形式(フレーム)を処理できるLAN(ローカル・エリア・ネットワーク)。IEEE(米国電気電子技術者協会)が標準化を進め、1998年6月に仕様が固まった。高速なデータ伝送が必要になる全社サーバーとLANの間や、バックボーンネットワークを構成する通信機器間で広く使われている。

ATM(非同期転送モード)に比べ機器のコストが安く、既存のイーサネット環境と組み合わせて利用しやすい。

ギガビットイーサネットによるネットワークは、ギガビット対応のイーサネットスイッチ(LANスイッチ)、ネットワーク・インタフェース・カード(LANカード)、リピータハブなどを使って構築する。10メガや100メガ用のポート(接続部)も持つスイッチを使えば、ギガビットのバックボーンネットワークと部門ネットワークを接続できる。ギガビット対応スイッチの中には、IP(インターネットプロトコル)ルーティングを高速に処理する、レイヤー3スイッチ機能を備えたものもある。

2002年6月には、10Gbpsで伝送できる新規格が標準化された。光ファイバを利用して、最大40kmの距離を伝送できる。40Gbpsや100Gbpsの規格化も検討されている。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介