ジオタグ

読み方 : じおたぐ

ジオタグとは

昔の写真を見て、撮影場所を思い出せなかった経験はないだろうか。そんな残念なことにならないようにできる仕組みがジオタグである。ジオタグとは、写真画像や文字情報などのデジタルデータに付ける位置情報。ジオタグ自体もデジタルデータで、ジオタグを付けることを「ジオタギング」という。

現時点で最も多くのユーザーが利用しているジオタグは、デジカメで撮影した画像に付けられた位置情報データだろう。一例として、デジカメで撮影したJPEGに埋め込まれるEXIF(EXchangeable Image File format)データが挙げられる。EXIFのフォーマットの中には、GPS(Global Positioning System)による位置情報を書き込むフィールドが定義されている。ここに緯度や経度などの情報を書き込むことで、画像にジオタグが付く。

ジオタグは、デジカメやデジカメ用周辺機器を使って自動的に画像に書き込める。例えば一部のデジカメやカメラ機能付きスマートフォンは、GPSなどで位置情報を取得する機能を持っている。これを活用することで、ジオタグが付いた写真を撮影できる。

写真画像の自動アップロードが可能な無線LAN機能付きSDメモリーカード「Eye-Fi」(アイファイ)も、一部機種でジオタグに対応する。Eye-Fiをデジカメのメモリーカードとして使うと、撮影した画像データにジオタグが付く。周囲にある無線LANアクセスポイントから位置を割り出すサービスを使って場所を把握し、記録しているのだ。

ジオタグを扱うWebサービスも登場している。例えば、最近ミニブログサービス「Twitter」(ツイッター)の“つぶやき”にジオタグが付けられるようになった。Twitterは「Geotagging API」というAPIを公開している。Twitterのアプリケーションは、これを使ってつぶやきにジオタグを付ける。もう一つの例として、米ヤフーが提供する写真共有サービス「Flickr」(フリッカー)がある。このサービスでは、アップロードした写真のそばに撮影場所をピンポイントで示した地図を表示することが可能だ。

デジタルデータにジオタグを付けることの利点は、写真撮影や発言など“何かをした”場所を、手軽に思い出したり、人に伝えたりできることだ。しかし便利に使える一方で、気付かずに使うとプライバシー情報を漏えいしてしまいかねない。データを公開する場合は、知らないうちにジオタグが付いてしまっていないかどうか気を付けよう。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2011年 3月15日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介