グローバル・ブレイン

読み方 : ぐろーばるぶれいん

グローバル・ブレインとは

ネットを通じて、世界中の人々の知見やノウハウを活用できる状態のこと。最近は高い専門性を持つ人材と容易にコンタクトが取れるサービスが登場している。

米ゼネラル・エレクトリック(GE)が2014年4月に発表した、製造業の未来を調査した報告書が注目を集めている。GEはこの報告書のなかで、製造業を変革する3つの力を挙げている。

機器から収集した稼働データを運用・保守に生かす「インダストリアル・インターネット」、3Dプリンターといった新たな技術を使って生産効率を高める「アドバンスト・マニュファクチャリング」、そして「グローバル・ブレイン」だ。

特徴:社外の“頭脳”も生かす

グローバル・ブレインとは、人々の知見やノウハウがネットを通じて1つに集約された状態を指す。GEは報告書でグローバル・ブレインを「人間版のHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)」と表現し、「(今後は)さらに巨大で強力なものになっていくだろう」と結論付けている。

グローバル・ブレインに容易にアクセスできるようになると、「企業」と「個人」の双方にメリットが生まれる。企業は必要に応じて外部の優秀な人材に仕事を任せられるようになる。社内のリソースだけでは生み出しづらい新たな視点を得やすくなるわけだ。一方、仕事を請け負う個人にとっては、より主体性を持って、自らの経験やスキルを広く生かすことができる。

企業がグローバル・ブレインに素早く“アクセス”できるように支援するサービスも出てきている。例えば、企業と個人を結び付ける「クラウドソーシング」がそうだ。

最近では、特定の業種に特化したクラウドソーシングも登場している。より専門性が高い仕事を外部に任せて、イノベーションを加速させようという狙いだ。

例えば、米カグルは企業が持ち込んだデータ分析の課題に対して、世界100カ国以上のデータサイエンティストがコンペ形式で解決策を競い合うサービスを提供している。顧客には、自動車大手の米フォード・モーターや小売り大手の英テスコ、米航空宇宙局(NASA)といったそうそうたる顔ぶれが並ぶ。

米GrabCADには全世界140万人以上のエンジニアが登録し、企業が持ち込んだ設計の課題に取り組む。例えば、GEは航空機エンジン部品の課題に対してGrabCADで改善案の募集をかけたところ、約700件の応募があった。インドネシアの技術者からの案は、重量を80%以上削減できるというものだった。

動向:A/Bテストを請け負う

海外だけでなく、国内でも業種や仕事の内容を絞り込んだクラウドソーシングが生まれている。

代表例がA/Bテストを請け負うKAIZEN platformである。企業が出したウェブサイトの画面デザインの改善といった課題に対し、KAIZEN platformに登録した技術者が複数のアイデアを提示。これらの案を実際の運用環境でテストし、最も効果的な案を見極めるサービスを提供している。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2015年 6月 9日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内