グローバルソーシング

読み方 : ぐろーばるそーしんぐ

グローバルソーシングとは

情報システムの構築や運用業務の一部または全体を海外企業に他企業に委託すること。必要な外部リソースを国を問わず、最適なところから調達して、業務を効率化する。委託先としては中国やインド、ベトナムなどが多い。

最も活発なのはシステム開発業務を委託するオフショア開発。最近はサーバーやネットワーク機器の監視、アプリケーションの保守を海外拠点からネットワーク経由で実施するなど、システム運用業務にも動きが広がっている。

情報システムの構築・運用だけでなく、経理や人事、総務の事務作業も外部企業に委託するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)も増えつつある。データ作成や受発注業務といった比較的単純な作業を任せるケースが多い。

グローバルソーシングが活発化する背景には、日本企業の国際化がある。小売り業、外食産業、サービス業など、様々な業種業態の日本企業が安い労働力を求めて海外に進出している。現地でのビジネスの拡大に伴って、情報システムにもグローバル化が求められ始めている。

具体的には、現地の税制や法制度に合わせた財務会計システムをはじめ、現地の商習慣を踏まえたCRMシステムなどが必要になっている。言語の違いもあるため、システムを利用する現地でシステムを設計・開発する必要がある。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介