GPS

読み方 : じーぴーえす

英語正式表記 : Global Positioning System

GPSとは

Global Positioning System(全地球測位システム)の略。地上約2万キロメートルを周回する専用の人工衛星を使って、地上の現在位置を正確に把握するための仕組み。地上にある受信機が、複数の衛星から受信した電波を利用して位置を測定する。米国の国防総省が中心となって軍事利用を目的に開発したものだが、1993年から民間向けに無料で開放している。

これまでGPSはカーナビに使われることが多かったが、最近ではセキュリティサービスや運送業務などにも応用され始めた。受信機の小型化が進んだことで、GPS機能を備えた腕時計や携帯電話も製品化されるようになってきた。

GPSの受信機は位置を測定するための基礎情報として、まず複数の衛星から受信機までの距離を計算する。各衛星は誤差100万分の1秒という精密な時計を搭載しており、衛星固有の識別番号や発信時刻の情報を電波にのせて送信する。受信機はこれらの情報に基づいて各衛星から電波が届くまでの時間を算出し、これに電波の速度を乗じることで距離を計算する。

地球を周回しているGPS専用の衛星は合計24個ある。受信機はこのうち少なくとも3個の衛星からの距離を計算し、各衛星を中心に受信機までの距離を半径とする球の交点として、受信機の位置を割り出す。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]