GPT

読み方 : じーぴーてぃー

英語正式表記 : GUID Partition Table

GPTとは

GUID Partition Tableの略。「GUID」はGlobally Unique Identifierの略。ハードディスクのパーティション管理の仕組みをいう。GPTは、データやプログラムを特定・生成するために、マイクロソフトが決めた識別子の標準規格で、Windowsのインターフェース識別子やクラス識別子などに利用されている。「UUID(Universally Unique Identifier)」の一種。128ビットの整数値を表す文字列で記述される。

MACアドレス(パソコンなどの接続口に付けられている数値)には、GUIDとは別の規格によって各機器に固有の番号が付けられている。MACアドレスの重複が起きないように、MACアドレスと、生成するときの時刻を合成してGUID値を決定しているのがGPTだ。

ハードディスクのパーティション管理には、「MBR(Master Boot Record)」が広く使われているが、GPTは、EFI(UEFI)が持つ拡張機能を使って処理するため、OSの起動やPCと接続機器間の入出力を制御し、MBRパーティションの最大容量2TiB(テビバイト)を最大8Z(ゼタバイト、約86億テラバイト)まで高めることができる特質がある。

Windows Vista以降のOSならデータ用として使用できるが、GPTディスクに対応していないWindows XP 32bit版などでは使用できない。また、BIOSには対応していないので起動用のドライブとしては指定することができない。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152424