ハッカソン

読み方 : はっかそん

ハッカソンとは

数時間から数日という短い期間で、プログラミングのアイデアやスキルを競い合うイベント。IT業界を中心に技術者が自らの腕を磨いたり、主催者に披露したりする場として注目を集めている。

エンジニアが複数のチームに分かれて、目を真っ赤に腫らしながら、パソコンに向かって夜通しプログラミングをする――。IT業界を中心に、こうしたイベントを指すハッカソンに注目が集まっている。

ハッカソンとは、プログラム開発を意味する「ハック(Hack)」と「マラソン(Marathon)」をかけ合わせた造語だ。事前に与えられたお題やデータ、プログラム開発ツールを活用し、規定時間内にアプリなどを作り上げる。

利点:外部の知恵でイノベーション

ハッカソンは2000年前後に米国で始まったとされ、当初はIT業界が中心だった。だが最近は他の業界や自治体、大学も積極的にハッカソンを開催している。例えば、千葉県流山市はオープンデータを活用し、市民の生活改善に役立つアプリを開発するハッカソンを開いた。市民に公開しているアプリもある。井崎義治市長は「(ハッカソンを開催することで)若い世代を中心に、市政に対する関心が高まるはずだ」と話す。

企業や自治体、大学がハッカソンに期待するものは2つある。1つは、外部のアイデアやリソースを使って、イノベーションを推進することだ。自社内の人材だけで商品やサービスを開発しているとどうしても、既成概念にとらわれがちである。しかしハッカソンであれば、短い期間で外部の知恵や技術に触れることができる。ハッカソンは「オープンイノベーション」の1つの形といえるだろう。

もう1つは、優秀な学生やエンジニアの囲い込みだ。企業は学生向けのハッカソンを開催することで、優秀な技術者候補を見極めて、入社を働きかけるわけだ。

企業にとっては、学生のアイデアやスキル、メンバー同士のやり取りの様子を目の前で見られるため、学生の能力を評価しやすくなる。学生にとっては、入社後の業務を疑似体験したり、実際に働く開発現場の雰囲気を感じ取ったりできるため、入社後に「思った仕事と違う」というギャップを減らせることが期待できる。

事例:アプリ開発で2人が内定

ハッカソンを通じて、新卒学生のアイデアやスキル、入社動機を試す企業も出始めている。化粧品の口コミサイトを運営するアイスタイルは2014年8月、就職を控えた技術者志望の学生を対象に、新たなウェブアプリを開発してもらうハッカソンを開催した。

アイスタイルは主力サービスである「@cosme(アットコスメ)」のAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を開放。参加した学生は口コミや商品、ランキングといったデータを使い、アプリ開発に2日間、没頭した。

今回が2回目で、2014年2月に開催した第1回では参加した学生のうち2人に内定を出している。アイスタイルは今後も定期的に、学生向けのハッカソンを開催していく計画だ。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2015年 9月28日 公開]