ハイブリッドクラウド

読み方 : はいぶりっどくらうど

英語正式表記 : Hybrid Cloud

ハイブリッドクラウドとは

種類の異なるプライベートクラウドやパブリッククラウドを組み合わせたシステム形態。クラウドの普及で多くの企業がこの形態を採用する。クラウドと社内システムの組み合わせを指すこともある。

総務省が実施した調査「平成24年通信利用動向調査」によれば、クラウドを利用する企業の割合は28.2%。資本金50億円以上の大手企業に限れば52.8%に達している(回答企業2071社)。2012年末の結果なので、現時点ではさらに多くの企業がクラウドを利用していると見られる。

米アマゾン・ドット・コムが提供する「Amazon Web Services」のようなパブリッククラウドサービスのほか、最近では企業が自前で構築するプライベートクラウドも急速に普及している。

動向:連携手段への関心高まる

クラウド利用が広まるとともに、クラウドと社内システム、あるいは複数の異なるクラウドを連携させるケースが増えている。それに伴い、ハイブリッドクラウドの効果的な導入・運用手段をどうするかについて、ユーザー企業やITベンダーの関心が高まっている。

2013年11月、富士通がハイブリッドクラウド向けサービスを強化することを発表。ユーザー企業独自の社内システムや、日本マイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Windows Azure」との連携機能を前面に押し出した。

運用管理ソフトの対応も急速に進んでいる。中でも注目を集めているが、Amazon互換のクラウドサービスを実現できるオープンソースソフト「OpenStack」だ。今後、こうしたソフトを使って、ハイブリッドクラウドを実現するためのワンストップサービスや、異なるクラウドサービスへの移行支援サービスも増えそうだ。

事例:基幹系と情報系で分ける

パブリッククラウドの活用事例も増えているが、プライベートクラウドも依然として人気だ。

Amazon Web ServicesやWindows Azure、米セールスフォース・ドットコムの「Force.com」など主要パブリッククラウドに対するプライベートクラウドの利点は、セキュリティーの高さとされる。さらに特定のアプリケーションに合わせて、クラウドを構築する際のOSやソフトを自由に選べるのも大きなメリットだ。

実際にグローバル企業が世界標準として利用する基幹系システムについては、これらの利点を考慮してプライベートクラウドを採用するケースが多く見られる。その一方、電子メールや情報共有システム、オフィスソフトなどについては、パブリッククラウドを採用する動きが活発である。また、キャンペーン管理やデータ分析のシステムを試験的に導入する場合には、自前で構築するよりもパブリッククラウドを利用する方が得策とされている。

「基幹系はプライベート、情報系はパブリック」といったハイブリッドクラウドの使い分けが一般的になってきた。いずれにせよ、ユーザー企業にとって重要なことは、どの形態がコスト削減や経営強化につながるのかを見極めることである。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2014年12月 2日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介