ハイブリッドクラウド

読み方 : はいぶりっどくらうど

英語正式表記 : Hybrid Cloud

ハイブリッドクラウドとは

種類の異なるプライベートクラウドやパブリッククラウドを組み合わせたシステム形態。クラウドと社内システム、クラウドとホスティングサービス、クラウドとハウジングサービスいった組み合わせを指す場合もある。

ハイブリッドクラウドのメリットは、プライベートクラウドとパブリッククラウド、双方のメリットを享受しつつ、デメリットを補完し合うところにある。プライベートクラウドの利点はセキュリティの高さであり、自社でセキュリティ管理を行うよりも高度なセキュリティ対策がとられているので、個人情報や機密情報を扱うには向いている。一方、キャンペーン管理やデータ分析のシステムを試験的に導入する場合には、自前で構築するよりもパブリッククラウドを利用する方が得策とされている。さらに特定のアプリケーションに合わせて、クラウドを構築する際のOSやソフトを自由に選べるのも大きなメリットである。

ただし、ハイブリッドクラウドには、2つシステムを組み合わせる分、システム構成が複雑になるというデメリットがある。その結果、運用が難しくなったり、両方の知識を持つシステム管理者が必要になったりする。

以上のようなメリットとデメリットを踏まえた上で、ケースバイケースで利用するのがハイブリッドクラウドの賢い利用法といえるだろう。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介