IaaS

読み方 : いあーす

英語正式表記 : Infrastructure as a Service

IaaSとは

Infrastructure as a Serviceの略。アプリケーションやOSを実行するためのサーバーやストレージなどのハードウエア資源をネットワーク経由で提供するサービスである。従来のホスティングサービスと違うのは、仮想化技術をフル活用した仮想インフラを貸し出すことだ。IaaSは、HaaS(Hardware as a service)と呼ばれることもある。

企業がIaaSを利用すれば、サーバーやストレージなどのハードウエアを自前で用意するのに比べ、システムの利用規模などに応じて柔軟に処理性能や信頼性を向上させることができるようになる。ハードウエアの運用・保守作業もIaaS事業者に任せればいい。ただし、OSやミドルウエアの導入や運用・保守などは、自社で手掛ける必要がある。

IaaS/HaaSの代表例が、米アマゾン・ドットコムの仮想マシン・サービス「Amazon EC2」である。Amazon EC2の利用企業は、サーバーやストレージの利用状況に応じて、料金を支払えばよい。ピーク時を見込んで、処理性能の高いハードを購入する必要がない。国内では伊藤忠テクノソリューションズや日立情報システムズ、NECなどが、サーバーやストレージに仮想化技術を適用して構築した仮想インフラを貸し出すサービスを提供している。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]