IEEE802.11ac

読み方 : あいとりぷるいーはちまるにてんいちいちえーしー

英語正式表記 : IEEE802.11ac

IEEE 802.11acとは

IEEE 802.11ac(以下、11ac)は、2014年1月に策定された無線LANの最新規格。規格上の最大通信速度は6.93Gビット/秒と、端末を接続するエンドポイントのネットワークとしては、有線に劣らない性能を実現している。

高速化技術は、前身であるIEEE 802.11n(以下、11n)に盛り込まれた各種技術を進化させたものが大半だ。具体的には(1)アクセスポイント(AP)が同時に送信できるデータの流れ(ストリーム)を4本から8本に増大、(2)複数の通信チャネルをまとめて帯域を広げる「チャネルボンディング」を2チャネル(40MHz)から最大8チャネル(160MHz)に拡大、(3)変調方式を改善し、従来の約1.3倍の情報伝送を可能に、といった具合だ。これらにより、従来の11nで規格上の最大通信速度である600Mビット/秒から約10倍以上高速化した。

11acに盛り込まれた最新技術がMU-MIMO(Multi User Multiple Input Multiple Output)である。11nで導入された、複数アンテナを使って複数のストリームを流す高速化技術MIMOを拡張した。

11n以前の無線LANでは、APが1台の無線端末と通信している場合、ほかの端末は同時に通信できなかった。MU-MIMOにより、複数ユーザーが同時に通信できるようになる。これにより通信効率を高められる。

ただし現時点(2015年5月時点)では、最高速度である6.93Gビット/秒に対応したAPは存在しない。6.93Gビット/秒を実現するには、11acの技術要素すべてに対応する必要がある。すべてに対応しなくても11acとうたえるため、技術要素の対応は段階的に進んでいる。

現在市場に出ている11ac対応製品の大半はチャネルボンディングの幅が80MHzまでで、アンテナが3本までの製品。MU-MIMOには未対応。一般に「Wave 1」と呼ぶ初期の11ac対応製品に共通した仕様である。MU-MIMOに対応し、「Wave 2」対応をうたう製品もいくつか登場しているが、アンテナの本数は4本まで、チャネルボンディングは80MHzにとどまっている。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2015年 6月 9日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介