IEEE802.11i

読み方 : あいとりぷるいーはちまるにてんいちいちあい

IEEE802.11iとは

無線LANでセキュリティを確保するための標準仕様。暗号化や認証などを含む。米国電気電子技術者協会(IEEE)が2004年6月に規格化した。一般的な無線LANの規格IEEE802.11a/b/gで利用できる。暗号化方式にTKIPやCCMP、認証方式にIEEE802.1xを採用。TKIPは従来型の暗号化方式であるWEPの脆弱性を改善したもの。CCMPは、WEPやTKIPとは異なる暗号化アルゴリズムAESを使う。AESは2001年に米政府が標準暗号として認定した強固なアルゴリズムである。

IEEE802.1x認証は電子証明書やパスワードを使って、ユーザーや無線LAN機器を認証する。通常は別途、認証用サーバーを構築する必要があるが、構築する際には注意を要する。IEEE802.1xは認証にEAPというプロトコルを使わなければならないと規定しているが、EAPを使う認証方式は複数ある。それぞれに長所、短所がある上に、無線LAN機器ベンダーによって利用可能な認証方式が異なる。

ちなみに、IEEE802.11i以外のセキュリティ仕様として「WPA2(Wireless Protected Access 2)」がある。標準化団体が異なるだけで、IEEE802.11iと中身はほとんど同じ。無線LAN機器の相互接続性を検証する団体Wi-Fi(ワイファイ)アライアンスが標準化した。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介