IEEE802.1x

読み方 : あいとりぷるいーはちまるにーてんいちえっくす

IEEE802.1xとは

IEEE(米国電気電子技術者協会)が標準化したユーザー認証の仕組みの1つ。ネットワーク機器に接続する端末に対して認証およびアクセス制御を行うプロトコルの規格で、「802.1X認証」と略されることが多い。

LANスイッチや無線LANアクセスポイントでIEEE802.1X認証が有効になっていると、パソコンなどを接続しただけではネットワークに接続できない。不正なユーザーからのアクセスを防ぐため、接続時に認証を求め、利用を許可されたユーザーであることが確認できればネットワークの利用を許可する。認証できなかった(接続の許可を確認できなかった)際は、LANスイッチや無線LANアクセスポイントのポートを閉じて、通信を遮断する。

IEEE802.1X認証を行うためには、IEEE802.1X対応のLANスイッチや無線LANアクセスポイントのほかに、認証を行うサーバーとサプリカント(IEEE802.1X対応の認証クライアントソフトウェア)が必要となる。なお、認証には「RADIUS」と呼ばれるプロトコルが使われることが多い。そのため、IEEE802.1X認証の認証サーバーを「RADIUSサーバー」と呼ぶこともある。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介