IFTTT

読み方 : いふと

英語正式表記 : IFTTT

IFTTTとは

IFTTT(イフト)は、「Twitter」や「Facebook」といったクラウドサービスを連携させるプラットフォーム。無料で利用でき、パソコンのみならず、スマホやタブレット端末でもアプリを介して使える。米国の同名の企業が2010年12月に提供を開始した。サービス名は「IF This Then That」の頭文字から取っている。

IFTTTにはTwitter、Facebook、グーグルの各種サービス、「Instagram」「Evernote」「Dropbox」など、日常的に使うサービスが登録されている。加えて、家電、ブログ、ビジネス、クラウド、写真といった豊富なカテゴリーを用意し、目的に応じたサービス同士を連携できる。2017年8月上旬の時点で日本語には非対応だが、「LINE」は登録済みだ。

使い方はアイデア次第。例えば、特定のハッシュタグを付けたTwitterの投稿をEvernoteに自動で保存したり、Instagramの投稿を「Gmail」で友人に自動で伝えたりといった使い方ができる。こうした連携パターンはWebサイトやスマホ向けのアプリ上で簡単に作成でき、「アプレット」として公開可能。サービス側が提供するアプレットも多い。最近は、IoTデバイスと連携するアプレットが増えている。