不正アクセス

読み方 : ふせいあくせす

不正アクセスとは

正当な権限を持たない者がネットワークなどを介してコンピュータにアクセスすること。2000年2月から施行された「不正アクセス行為禁止法」では、「アクセス制御機能による、電気通信回線を通じた電子計算機の利用制限を免れる行為」と定義されている。

例えば、IDやパスワードなどの識別符号を無断で入力する行為や、セキュリティホール(セキュリティ上の抜け穴)への攻撃などが該当する。これを犯した者は同法により、懲役または罰金に処せられる。アクセス管理者やその承諾を受けた者が、テストやコンサルティングなどの目的で他人のIDやパスワードを入力したり、セキュリティホールを突いて侵入する行為は、不正アクセス行為に該当しない。

これまで日本では、不正アクセス行為の取り締まりについて法制度面で後れがあり、不正アクセス行為を手段とする犯罪が日本に集中する傾向があった。また、国内においてもネットワークの普及・拡大が進み、不正アクセスをはじめとするハイテク犯罪が急増している。不正アクセス行為禁止法はこのような内外の事情を背景に、1999年8月に国会において可決・成立、公布された。同法でカバーしていない企業秘密や個人のプライバシの保護についても法制化の検討が進められている。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介