イミュータブル インフラストラクチャー

読み方 : いみゅーたぶるいんふらすとらくちゃー

英語正式表記 : Immutable Infrastructure

イミュータブル インフラストラクチャーとは

システム運用の新しい方法論。既存システムを修正・変更するとき、インフラまで新たに作り直してしまう。仮想化技術やクラウドサービスの普及で注目を集めるようになった。

既存システムに新機能を追加するとき、システム開発者は新たなアプリケーションを作り、それを既存システムのインフラに再配置する。ここでいうインフラとは、サーバーやネットワーク、ストレージ、OS、ミドルウエアといった、アプリケーション部分を除くシステム基盤全体を指す。インフラ部分は変えずに“使い回す”ことは、これまでのシステム運用の一般的な考え方だった。

手法:インフラは“使い捨て”

ところがインフラを使い回すと、システムを再配置した後に動作が不安定になることがある。原因は、再配置前に動作を検証する「テスト環境」と既存システムが動く「本番環境」のインフラに、わずかな違いが生じていることだ。

本番環境の構築手順書を見ながらテスト環境を構築すれば、理論上は全く同じ環境を用意できる。だが、運用が始まるとOSやミドルウエアの更新、ライブラリーの追加、ネットワーク環境の変更など、インフラには様々な修正が加わる。こうした日々の運用で加えられた作業内容は、構築手順書に反映されていないことが多い。

すると、トラブルの原因を特定しづらくなるばかりか、新システムを以前の状態に戻すことさえ困難になる。そこで最近注目を集めている運用手法が「イミュータブルインフラストラクチャー(Immutable Infrastructure)」である。

イミュータブルインフラストラクチャーでは、インフラをいわば“使い捨て”にする。新機能を追加するときは、既存システムとは別に新たなインフラを構築してしまう。既存システムと新システムが並行稼働することで、新システムの動作が不安定になっても即座に以前のシステムに切り替えられるメリットもある。

日々の運用も同じだ。OSやミドルウエアの更新、ネットワーク環境の変更などを実施するたびに、新しいインフラを構築して変更や修正を反映させる。逆に言えば、いったん構築したインフラは絶対に変えない。これが「イミュータブル(不変の)」という名の由来である。

動向:仮想化でコスト安く

イミュータブルインフラストラクチャーが脚光を浴びる背景には、仮想化技術やクラウドサービスの普及と、インフラの構築作業を自動化するツールの浸透がある。

これまでも同じ構成のインフラを構築することは可能だったが、調達や構築に手間とコストがかかった。これが仮想化技術やクラウドサービスによって、安価で手軽に調達、構築可能になったのである。

構築作業の自動化ツールは、作業内容を記述したスクリプトファイルに基づいて動作する。日々の運用でシステムを変更するときは、スクリプトファイルを修正して自動化ツールを実行するようにする。これにより、自動化ツールを実行することで最新のインフラを繰り返し何度でも構築できるのである。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2015年 5月27日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介