IMT-2000

読み方 : あいえむてぃーにせん

英語正式表記 : International Mobile Telecommunication 2000

IMT-2000とは

International Mobile Telecommunication 2000の略。通信分野の標準化団体ITU(国際電気通信連合)が定めた移動通信システムの国際標準。無線伝送方式や利用する周波数帯を規定したもので、通信速度が数百k~数Mビット/秒と高速な点が特徴だ。

NTTドコモのFOMA、KDDIのCDMA2000 1X、ソフトバンクのSoftBank3G、イー・モバイルのEMモバイルブロードバンドなど、第3世代携帯電話に採用されている。

IMT-2000の最大の特徴は、電波の使用効率を高めるCDMA(符号分割多元接続)を採用した点。同じ周波数帯の電波に多くの加入者を収容できる。周波数帯は世界的に、800MHz帯、1.7 GHz帯、2GHz帯、2.5GHz帯と定められている。

CDMAにはW-CDMA(ワイドバンドCDMA)とcdma2000、TD-CDMA(時分割CDMA)などの方式がある。国内ではNTTドコモが2001年10月に、世界に先駆けてW-CDMA方式のサービスを本格的に始めた。KDDIは2002年4月にcdma2000で、ソフトバンクも2002年12月にW-CDMAでサービスを開始した。イー・モバイルは2007年3月、1.7GHz帯でW-CDMA HSDPAのサービスを始めた。2GHz帯でTD-CDMAのサービスを提供する予定だったアイピーモバイルは自己破産し、周波数帯を返上した。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介