インメモリー・コンピューティング

読み方 : いんめもりーこんぴゅーてぃんぐ

インメモリー・コンピューティングとは

ハードディスクを使わず、全てのデータをメモリー上に持つことにより、処理を高速化する技術の総称。SAP HANAもその一つ。実際、SAP HANAの事例では、従来のハードディスクを基本としたシステムと比較して1,000倍、1万倍、10万倍といったケタ違いな処理時間の短縮を記録した例が報告されている。

インメモリー・コンピューティングが脚光を浴びるようになったきっかけは、メモリー価格の大幅な下落である。「処理速度が劣るものの、価格が安かったハードディスクに代わり、メモリーを使って膨大なデータを高速に処理できれば、顧客の要望にすばやく応えられるのでは?」という発想がインメモリー・コンピューティングの出発点である。

インメモリー・コンピューティングの新たな手法として、IBMが2018年4月に論文審査のある専門誌「Nature Electronics」に発表した「混合精度のインメモリー・コンピューティング」もその一つ。同社ではインメモリー・コンピューティングがAI技術の開発やコスト削減に役立つとしている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年12月 3日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00156520