インダストリアル・インターネット

読み方 : いんだすとりある・いんたーねっと

インダストリアル・インターネットとは

例えば、運行中の航空機のエンジンや燃料、操縦システムの状況をインターネットで総合的に把握。空港で停止するなり補修や点検を行えば、時間や燃料を節約できる。遅れも防ぎ、効率化が進む──。

このように航空機や電車、ガスタービンなどの産業機器の運行や部品の状態などをインターネットで総合管理する概念をインダストリアル・インターネットと呼ぶ。この利用に関する論文を米ゼネラル・エレクトリック(GE)が2012年11月に発表した。

米国のテレビ番組の司会者はこれを「米IBMは『スマータープラネット』を提唱している。これと似たネット活用キャンペーンではないか」と指摘した。だが、GEのディレクターであるピーター・エバンス氏は「それは違う。産業機器にインターネットを盛り込むことで製品機能を高める」と番組で答えている。

航空機や医療機器などの製造事業を手掛けるGEにとって、円滑な稼働や素早い補修、燃料の節約などは常に大きな課題だ。その答えをネット活用に求めている。ビッグデータ時代だからこそ出た発想である。

実際にGEは11月、米カリフォルニア州に400人の研究員を抱える研究施設を開き、その実現に走り出している。また、GEはニューヨークの名門病院と提携し、効率経営についてのプロジェクトを進めている。患者の協力を得て、1日の行動やベッドにいる時間などを把握。病院側の人員や機器は適切か調べている。

入院患者の行動パターンが分かれば、その時間だけ職員を増やすといったように、低コストで最大効果の運営方法を探れる。GEを見て追随する企業が出そうだ。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2013年12月16日 公開]