情報アクセシビリティ

読み方 : じょうほうあくせしびりてぃ

情報アクセシビリティとは

アクセシビリティ(Accessibility)は「利用のしやすさ」のことで、高齢者、障がい者をはじめ、あらゆるユーザーがパソコンやWebページなどの情報資源を不自由なく利用できる「ユニバーサルデザイン」の考え方である。

日本では2004年6月20日に関連のJIS規格が策定され、政府や企業の取り組みが活発化した。情報アクセシビリティは、視覚、聴覚、触覚、手の動きなどにハンディがある人のことも考慮し、使いやすい製品やサービスを設計することで実現する。例えば、日本人男性の5~7%、北欧男性の11%が抱える色覚障害に配慮し、パソコンソフトやWebページの背景やボタンの色を決めることも、情報アクセシビリティに該当する。

利用者の満足度を高める「ユーザービリティ」や、目的地や情報へのアクセスを妨げる障害を取り除く「バリアフリー」と違い、高齢者や障がい者などのユーザーの「使いやすさ」を最優先しているのがアクセシビリティである。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介