統合ATM

読み方 : とうごうえーてぃーえむ

統合ATMとは

都市銀行や地方銀行などがそれぞれ独自に保有するATM(現金自動預け払い機)/CD(現金支払い機)を相互接続する中継システムの通称。NTTデータが開発し、2004年1月4日に稼働を開始した。「統合ATMネットワークシステム」、「統合ATMシステム」と呼ぶこともある。

統合ATMと接続している金融機関のATMやCDでは、別の接続行のキャッシュカードを使って、預金の引き出しや残高照会といった「提携サービス」を利用できる。

ATM/CDの提携サービスは、1970年代後半に同一地域を地盤とする金融機関が相互利用を始めたのが最初。その後、都銀間(BANCS)、地銀間(ACS)など業態ごとに相互利用を実現する中継システムが動き始めた。1990年2月には、業態別の中継システムを接続する「全国キャッシュサービス(MICS)」が稼働。地銀のATMで都銀のカードを使うといった提携サービスが実現した。

だが、MICSやBANCSなど複数の中継システムが並存するのはコストの観点で効率が悪い。そこで、統合ATMへ集約する動きが出てきた。1990年代は民間に開放していなかったゆうちょ銀行(当時・日本郵政公社)の郵便貯金オンラインシステムも、提携により各銀行や証券会社との相互接続が進んでいる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介