IPアドレス

読み方 : あいぴーあどれす

英語正式表記 : Internet Protocol Address

IPアドレスとは

Internet Protocol Addressの頭文字を取った略語。「インターネット上に接続された機器」に割り当てられる固有の番号のこと。インターネットに接続する際、プロバイダーなどによってパソコンやスマートフォンなどの端末に割り当てられる。

IPアドレスには、「グローバルアドレス」と「プライベートアドレス」がある。インターネットに接続するためには、グローバルIPアドレスが必要であり、世界中で重複するものがないように調整されている。一方、プライベートIPアドレスは、家庭や会社などで割り当てられるもので、「ローカルアドレス」とも呼ばれる。例えば、家庭にルーターが1台あり、パソコン5台が接続されている場合、ルーターにはグローバルIPが割り当てられ、5台のパソコンにはそれぞれを区別するためにプライベートアドレスが割り当てられることになる。

現在使われているIPアドレスはIPv4方式であり、IPアドレスは32ビットで表現されている。「123.124.0.255」などのように、0~255の間の四つの数字の組み合わせでできており、約43億のIPアドレスが用意できる。しかし、スマートフォンやタブレット端末などインターネットに接続する機器が飛躍的に増加していることから、IPアドレスの枯渇が危惧されるようになり、IPv6への移行が進んでいる。IPv6はIPアドレスが128ビットで表現され、接続できるコンピューター数は約340澗(かん)まで拡大される。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年11月 5日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00156242